絵本と子育て事業

絵本と子育て事業とは?

西東京市では、平成15年度から「絵本と子育て事業」を行っています。

絵本と子育て事業とは、子どもと保護者が、絵本を通じての親子の触れ合いと、共に過ごす時間の楽しさや大切さなどを知っていただくために、3~4ヶ月児健康診査の時に行う事業です。乳幼児期から、絵本に接することによって、赤ちゃんは豊かなことばの世界に出会い、情操面の発達にもつながっていくことでしょう。

当日は健診終了後、子どもにどのように絵本を読んだら良いのか、読み聞かせの実演を行い、絵本と子どもの関係についてもお話しします。

また、絵本、絵本選びの参考としての赤ちゃん向け絵本リスト「はじめまして」、図書館利用案内などをプレゼントしています。

すべての赤ちゃんが幸せな時間をすごせますよう、保護者のみなさまを応援します。

お子様向けおすすめ絵本リスト

リストは図書館で配布しています。
表紙画像を選ぶと、PDFファイルが開きます。掲載資料を図書館で借りたいときは、掲載資料リストをご覧ください。

はじめまして~赤ちゃんにおくるえほん30冊~
はじめまして~赤ちゃんにおくるえほん30冊~ 乳児(0~2歳)向けの、絵本のリストです。親子で楽しめるおすすめの絵本を、年齢別に紹介しています。
掲載資料リスト
えほんだいすき
えほんだいすき 幼児(3~5歳)向けの、絵本のリストです。 絵本の世界をより楽しめるようになったお子さまに、おすすめの絵本を紹介しています。
掲載資料リスト